PSS(Paper Sack System)の主要機能

デモ(動画)
※ デモサイトもございます。閲覧希望の方は問い合わせからご連絡ください。

  1. 顧客管理
     発注先(注文主)、需要家、納入先と3者を区別して管理出来ます。
  2. 商品管理
     商品情報の構成が200項目以上あっても対応出来る内容です。
     類似商品の新規登録には既成商品からのコピー機能も付いています。
     マイナーな更新には追番機能があり、元の品番を変えずに管理可能。
     単価改定機能も付いています。
  3. 受注処理
     販売形態(社内製造・購入品)の指定や複雑な条件(工場→外注→顧客など)にも対応しております。
  4. 工場手配
     受注した内容に従って新規生産、仕掛品への振り当て、在庫品へ振り当ての手配が出来ます。
  5. 手配変更 印刷機・製袋機のライン換え/日程変更がマウス操作で簡単に出来ます。
  6. 生産技術(工程)データベース化
  7. 生産指図書発行
     現場に対して生産に必要な情報を印刷出力出来ます。
  8. 生産計画支援資料作成
     生産に必要な情報の整理が出来、ライン編成への資料が作成出来ます。
  9. 生産日報  過去の各設備の使用状況の記録が閲覧出来ます。
  10. 出荷・倉入れ処理
     生産された商品に対して出荷数(可変)倉庫への搬入数を指定出来ます。
  11. 出荷便処理
     出荷対象に使用する運送会社を振り当てることが出来ます。
  12. 現品ラベル、納品書、受領書発行
     現品ラベルはマニュアルでの項目変更が出来ます。
  13. 請求書発行
  14. 債権管理
     債権残高が現金、手形などの区分別に管理できます。
  15. 在庫管理
     棚卸しを含め在庫の管理が出来ます。
  16. 副資材管理
     副資材の仕入・販売・現場への払出が可能です。